トラブルを回避する為には|家事のプロがあなたの家の家事を代行!家事をする時間がない人必見

トラブルを回避する為には

キッチン越しのリビング

家事代行を業者に依頼する際には、利用者と担当者が綿密に打ち合わせをする必要があります。もし打ち合わせを疎かにしてしまうと、「思っていた家事代行とは違う」「事前に見積もっていた料金よりも高い」などといったトラブルが起きる恐れがあります。
打ち合わせの際には、以下の「5W」の考え方が役に立ちます。

・When(いつ)
「何月何日何時から何時間、スタッフが家事代行をするか」といった事や、「月何回、週何回家事代行を依頼するか」といった基本的な事も、利用者と担当者でお互いによく確認しておきましょう。時間延長や依頼回数の増加は当然、利用料金を高くします。

・Where(どこで)
「そんなの自宅に決まっているじゃないか」と利用者はお思いかも知れませんが、見落としがちなのが「自宅のどこを片づけるのか」です。
例えば「台所」と大まかに指定しても、「シンク」「食器棚」「レンジ」「換気扇」など台所の中にも無数の掃除箇所があります。どこを片づけてもらうのか、詳細をきちんと打ち合わせましょう。

・Who(だれが)
これは「スタッフとしてどんな人が派遣されるのか」です。例えば掃除代行をお願いしたのに、洗濯専門のプロを派遣されても困りますよね。

・What(何を)
Where(どこで)に似ていますが、何をスタッフに代行してもらうのか、きちんと担当者に理解してもらいましょう。

・Why(何故)
できれば担当者には、「こういう理由でここを片づけてほしい」と説明しましょう。そうすると、担当者の方からより最適なプランが提案されるかも知れません。